dvc_05

不自然に見えないオルチャンメイクとは?

韓国人女の子みたいに可愛らしいお人形のような顔に変身できる、オルチャンメイクが話題になっています。オルチャンメイクは太い眉とキリリとしたインパクトのあるアイメイク、ぷっくり膨らんだ涙袋と陶器のような透明感のある美肌の4つの特徴があります。ただどんなタイプの顔にも合うというわけではありません。

オルチャンメイクが似合う顔というのは、顔型は丸顔や卵型のように丸みを帯びて柔らかい印象が、またアイメイクで目元を強調するのでくっきりしすぎる目元よりは、実は一重や奥二重のややつぶらな瞳のほうが似合うとされています。また、鼻はやや小さめで鼻筋がすーっと通っているほうがよいでしょう。タレントの中村アンさんやモデルの長谷川潤さんなどが当てはまります。

しかし、このオルチャン風のメイクに関しては、日本人男性からするとさも『韓国っぽい』という印象を抱くことや、バブルのころに戻りたいのだろうかという声も聞かれます。また、不健康そうに見えるなどという意見もあり、中にはネット上の掲示板でオルチャンメイクきもいとする書き込みも見られます。それでも、オルチャンメイクは韓国のみならず日本国内でも流行し、韓国国内ではドファサルメイクが流行してくるなど、メイク法は進化を続けているのです。

しかしオルチャンメイクもいきすぎると不自然になり、可愛さが半減してしまいます。ではどうしたら『オルチャンメイク不自然』を回避できるのでしょうか。ポイントは『やりすぎないこと』です。ハイライト・マスカラなし・アイラインは垂れ目っぽくが基本ですが、ハイライトを入れすぎ・マスカラを塗りすぎると不自然になってしまうので注意してください。

dvc_04

オルチャン風メイクはブスにみえる?

韓国ではオルチャンメイクが人気となっているようですが、日本国内ではこのメイクがおかしいという声があります。太い眉毛がまるで海苔でも貼り付けているようだとか、肌が真っ白に見えるのでお面のようだというのです。オルチャンメイクはコツをつかめばかわいくできますので、そのコツをしっかりマスターし、かわいいオルチャンメイクを目指しましょう。

オルチャンメイクは、韓国で流行っているかわいいメイクのことを言います。日本でもオルチャンメイクを取り入れようとしている女性たちがいるようですが、やり方を間違っている人もいて、「ブス」になることがあります。特に失敗しやすいのが、眉毛です。オルチャンメイクの眉毛は太くて平行眉が特徴です。これを、太く濃く描いてしまうのでおかしくなってしまうのです。

オルチャンメイクは太くて平行ですが、「薄い」のがポイントです。濃く描いてしまうとおかしいので気をつけましょう。そして眉頭と目頭が同じ位置です。眉尻は口角から目尻を通った斜めの線の上にくるように描きましょう。このバランスを覚えておけば、かわいいオルチャンメイクができます。オルチャンメイクを日本人がするとブスだな、と言われないように、コツを覚えてマスターしましょう。

涙袋はぷっくりと作り、眉は太めのフラット、鼻筋はすっと通して、そして、まるで陶器を思わせるような極上のマットなお肌を完成させましょう。

dvc_03

オルチャンメイクって知ってた?

韓国語で『とても可愛い顔になれるメイク』のことをいいます。オルチャンは韓国語で『顔(オルグル)』『最高(チェゴ)』という意味を持ち、合成造語として日本国内にも広がっています。目元を強調したメイクが印象的で、黒目がちで幼い顔に見えるのが特徴です。そのため、オルチャンメイク=童顔メイクと認識している方も少なくないのではないでしょうか。ナチュラルメイクなので、日本の女性にも人気があります。

最近の日本ではオルチャンになりたいという人が増えています。メイクのポイントさえうまく掴めれば、誰でも意外と簡単になれるのがオルチャンの良いところですが、オルチャンメイク嫌いという人も結構いるのではないでしょうか。そんな人は、メイクのポイントをうまくつかんでいないことが原因かもしれません。

一番のポイントは目にあります。アイラインをしっかり濃く引いて目尻を少しだけ「くの字」にし、くっきりと横長の目を作るのがコツなのです。

眉毛は割としっかりと太目に描くのが基本であり、唇に関しては濃いめのリップを使用、涙袋をしっかりと作ることがポイントです。